外国語の勉強にもなる|翻訳会社で向かう所敵なし!

ビジネス進出に必要な人材

男性と女性

現地の言葉プラス日本語も

香港でビジネス展開される場合には現地の言葉で会話することが必要です。香港は特に公用語である広東語とその歴史から英語も話しますし、中国経済の発展のおかげで最近のビジネスシーンでは北京語を話すことも多くなってきました。香港で通訳を依頼する場合は特に日本語のニュアンスを理解してくれる人をお勧めします。日本では伝わるあまり直接的ではない言い回しなども外国では誤解を招く可能性があるのでしっかり伝えてくれる通訳を雇う必要があります。日本人を雇っている会社もありますので依頼する際に希望も出来るケースもあります。通訳は基本時間単位や日単位での契約になりますが、大体ミニマム3、4時間からとなっているので最低でも半日分程度は支払いが発生します。

様々なシーンで利用

通訳や翻訳者が必要になる様々なパターンがあると思いますが。香港で出店するための広東語や英語でのホームページやメニュー作り、文書の大まかな内容を理解するために使われる簡易翻訳、展示会、会議、契約、インタビューや同時通訳など、必要なレベルに合わせて依頼することが出来ます。また、言語の能力のみならず人間性も重要で急に起こったトラブル処理や自社商品を熱心に理解しようとする姿勢などにも高い評価がつくようで、仕事後の満足度がリピートにつながることも多いようです。外国では時間にシビアなところもありますので、急な時間の延長などがあるときは直接通訳と交渉することになります。都合が悪い場合などは延長してもらえないこともありますので、前もってその可能性を伝えておくと良いです。